病気にかかった庭木は伐採でトラブル回避
病気になった庭木は業者に伐採作業を任せよう
病気の庭木を伐採したついでに抜根しておこう
伐採しないために害虫と病気から庭木を守る

庭木の伐採の必要性について

庭木の手入れ~伐採や抜根などの違いを把握する~

業者の男性

庭木の手入れは、庭木の伐採作業や選定作業を取り扱っている専門業者に依頼をした方が効率的です。業者で行っている庭木の手入れ方法は、一般の方が行なう内容ややり方と少々異なります。その内容を知るために、業者で行なっている庭木の伐採作業をはじめとした手入れ方法をいくつか見ていきましょう。

業者が行なう庭木の手入れ

伐採
業者が行っている庭木の伐採は、基本的に木の根元から切り倒すようにして行ないます。庭木の枝葉だけを切断して終わり、というわけではなく、1本の木を全て切断するのが業者によるやり方なのです。庭木の伐採は本来木を利用して丸太を生産するために行われてきた方法でした。最近では、庭木の手入れとして依頼する方も増えてきています。
剪定
剪定は、根元から切断する伐採とは全く異なる作業です。剪定は、木の枝を切断したり形を切断したりする方法を言います。この方法で庭木を手入れすることで、害虫の繁殖を防げますし、木の成長の促進に合わせられます。剪定と伐採は一緒と思い込んでいる方が多いですが、明確な線引きがあるので依頼するときは注意しましょう。
抜根
庭木の手入れとして抜根といった方法があります。この方法は、土に張った根を掘り起こして取り除いていく作業方法になります。木は根がないと水分を吸収できないため、大きさにもよりますが掘り起こす際には相当な労力がかかります。大きなものを掘り起こす際は、ショベルなどの重機を使って作業を行います。重機が入れない狭いところであれば、人の力で作業を行わないとなりません。

まとめ

庭木の手入れ方法はそれぞれ内容が異なります。違いを知ることで、目的にあったサービスを業者に依頼することができます。

庭木を伐採する理由~病気の木は危険~

笑顔の男性

庭木の伐採や抜根は、材木を作るときに初めて行われる作業と思っている方は少なくありません。また、一般家庭に向かない作業なのではと思い込んでいる人も多いです。実は、庭木の伐採が行なわれる理由はいくつも存在するのです。そこでここでは、一般の方が業者に伐採を依頼する理由をいくつか紹介したいと思います。

伐採を依頼する理由の一例

  • すっきりと見せて庭の見栄えを良くするため
  • ペットが遊ぶスペースを増やすため
  • アレルギーの出る樹木が生えていたため
  • 近隣住民とのトラブルを避けるため

このように庭木の伐採理由は実に様々ですが、基本的に業者に依頼される方が多い傾向にあります。業者の意見を参考にし、目的に見合った内容の伐採を依頼しましょう。

業者が教える危険な庭木

病気になった庭木は様々なトラブルの原因になります(造園業者)

庭木の伐採をやっておく必要がある木の中でも、特に優先すべきなのは、病気になってしまった木です。木が病気になってしまうと、中がスカスカした状態になり、形が維持できなくなってしまいます。また、病気になった木は他の庭木にも移ってしまう可能性が高いです。庭木が病気になると、害虫も寄ってきやすくなるといったトラブルが起きてしまいます。庭木の病気が他の木に移らないようにしたり、害虫対策したりするのであれば、伐採を行なう必要があります。被害が大きくならないためにも、病気になった庭木の問題はぜひ相談してください。

育ち過ぎた庭木も危険です(造園業者)

育ち過ぎた庭木は倒れてしまう危険性があります。歩道側に倒れてしまうと、通行人や運転手が下敷きになることもあり、最悪の場合死亡してしまうこともあります。また、大きくなっていくにつれて、近所トラブルに発展する可能性もあります。倒木したことで庭木の管理が不十分として訴えられてしまい、トラブルがどんどん大きくしまうこともあります。手入れはしっかり定期的に行っておくことが大切なのです。庭木が大きくなってきたと感じたら、業者に相談することをおすすめします。

TOPボタン